夜泣きとトイレトレーニングのアドバイス

子育てというのは親になれば誰もが経験する事であり、1人の人間を育てていくと言うとても大切な行動になります。そこで悩み相談が多い夜泣きとトイレトレーニングに関してアドバイスをしていきたいと思います。

夜泣き

赤ちゃんというのは泣くのが仕事とも言えますが、あまりにも夜泣きが酷いとなると親御さんも辛いですし、周りに迷惑をかけていないか?という心配事も増えてしまいます。そこでまずチェックしてもらいたいのが、夜泣きをしている原因があるのかどうか?という点です。

  • 体が締め付けられている
  • 布団が薄くて寒い思いをしていた
  • 熱がある
  • 鼻が詰まって苦しい

このように、赤ちゃんが言葉に出来ないような原因が潜んでいると夜泣きをして訴えかけてくることがあります。まずは赤ちゃんの様子や環境を確認して、夜泣きの原因がないかどうか確認してみましょう。

上記のような原因が見当たらない場合は、赤ちゃんに対して精神的な部分で安らぎを与えてあげるのが効果的です。親御さんが焦らずに不安な気持ちを持たないようにして、抱きかかえてあげる事や、環境を変えるために外に連れ出してみるなどを試してみましょう。

他にも生活リズムが乱れると、夜泣きの原因になることがありますので、毎日同じような生活リズムを心がけていきましょう。

トイレトレーニング

子供によっては2歳でオムツから卒業する場合もありますし、3歳で卒業する場合もあります。なかなかトイレトレーニングが上手くいかないという事で、悩みを抱えている親御さんも多いようです。

まずトイレトレーニングは「トイレでおしっこやうんちをして!」という言葉で、子供にプレッシャーを与える事は禁物です。楽しんで、安心できる環境をトイレタイムに作り出してあげることがポイントです。

寝る前などの時間を決めて、毎日同じ時間にトイレに誘うようにするのもいいでしょう。そして、もしも子供が遊びなどに夢中になっている時にはそれを中断させてまで、トイレに誘うのは逆効果になってしまうので注意してください。

家の中で少しずつでもトイレというものを意識し始めて、トイレでおしっこをする事、ウンチをする事が楽しくていい事なのだと実感できるようになるまで長い目で見守っていきましょう。個人差がありますので、うちの子は遅いからと考えて焦らせてしまうのはよくありませんので気を付けていきましょう。

子供の習い事ベスト10!水泳が人気の理由とスクール料金
母乳で痩せる!?産後ダイエットの方法と注意点